本文にジャンプします
メニューにジャンプします

古伊万里作品の紹介

古伊万里作品の紹介
(2014年7月2日更新)

 江戸時代に肥前(佐賀・長崎県)で焼かれた磁器が伊万里焼(古伊万里)です。江戸時代初めの1610年代ごろから江戸時代終わりごろ(明治期を含むことがあります)までつくられました。

Q1.伊万里焼(古伊万里)は、どこでつくられたのでしょう?

A1.佐賀県の有田や塩田、長崎県の波佐見、三川内などで、主につくられました。塩田の製品は志田焼、三川内の製品は平戸焼ともいいます。

Q2.なぜ伊万里焼(古伊万里)というのでしょう?

A2.江戸時代に伊万里津(港)から船で各地へ積みだされていったからです。つくられた産地ではなく、港の名前をとって伊万里焼と呼ばれたのです。

伊万里焼(古伊万里)のおもな種類

白磁杏葉型皿
白磁 
白磁杏葉形皿
●素地に透明な釉薬をかけて
白さを活かしたもの。
染付唐獅子牡丹文壺
染付
染付唐獅子牡丹文壺
●白磁に呉須(藍色)絵の具
だけで絵を描いたもの。
色絵仙人文皿
色絵
色絵仙人文皿
●白磁や染付に赤や金などの
上絵を描いたもの。

 

 

 

 

 

 

青磁太鼓形香炉
青磁
青磁太鼓形香炉
●青緑色の釉薬をかけたもの。
瑠璃釉金彩牡丹唐草文皿
瑠璃釉
瑠璃釉金彩牡丹唐草文皿
●透明釉に呉須絵の具をまぜた釉薬をかけたもの。
錆釉陽刻捻雲文皿

鉄釉
錆釉陽刻捻雲文皿
●鉄分の多い釉薬をかけたもの。錆釉・黄釉・鉄漿などがある。

※そのほかにも、これらを組み合わせたものがあります。

伊万里焼(古伊万里)の始まり

染付花散文皿

 

染付花散文皿

 

伊万里焼(古伊万里)は文禄・慶長の役(1592~98年)で朝鮮半島から来た人びとの手で、1610年代ごろに、有田町中部あたりでつくり始められました。有田町の泉山で原料になる陶石が発見されると、有田町東部に窯場の中心が移りました。1610~40年代ごろにつくられたものを初期伊万里といいます。朝鮮半島を源流とする唐津焼(古唐津)と同じ技法で作られました。生がけ(素焼きをせずに釉薬をかけること)で焼いたものが多く、皿の場合は、直径にくらべて高台径が小さいのが特徴です。

伊万里焼(古伊万里)の主な様式

 中国の、明から清への王朝の交代の影響で、17世紀中ごろから後半にかけては、世界最高水準を誇った中国磁器が、まったく中国国外へ輸出されなくなりました。代わりに、日本の伊万里焼(古伊万里)の技術革新が進み、中国磁器を凌ぐ芸術性を持つようになりました。

色絵鶴文皿

古九谷(初期色絵)様式
色絵鶴文皿
●1640年代に色絵磁器がつくられ始めました。古九谷(初期色絵)様式は鍋島様式成立の母体と考えられています。

色絵梅鶯文皿

柿右衛門(延宝)様式
色絵梅鶯文皿
●1660~90年代ごろに余白が多い和風のデザインが流行し、ヨーロッパ磁器の始まりに大きな影響を与えました。

色絵幔幕花鳥文輪繋鉢

古伊万里様式
色絵幔幕花鳥文輪繋鉢
●1690~1740年代ごろに金彩を多く用いた豪華な作風が流行し、国内外の富裕な人びとに珍重されました。

 

 

Q3.伊万里焼(古伊万里)は、どこへ運ばれたのでしょう?

A3.日本各地はもちろん、長崎の中国商人やオランダ商人の手で、東南アジアや中近東、ヨーロッパまで運ばれ、王侯貴族の宮殿を飾りました。

Q4.ヨーロッパの王侯貴族は、どうして伊万里焼(古伊万里)を宮殿に飾ったのでしょう?

A4.そのころのヨーロッパでは、磁器をつくることができませんでした。はるばる東洋から運ばれた伊万里焼(古伊万里)は宝石のように美しく、また、手に入れることが難しかったので、権力の大きさを示す為に飾ったのです。

Q5.海外へは、いくつぐらい運ばれたのでしょう?

A5.17世紀後半から18世紀前半にかけて、記録に残っているだけで200万個以上が運ばれています。17世紀末には中国が輸出を再開し。18世紀前半にはヨーロッパでもマイセンなどで磁器がつくられるようになったので、18世紀後半にはほとんど輸出されなくなりました。

Q6.国内へは、いくつぐらい運ばれたのでしょう?

A6.17世紀末から18世紀はじめに長崎県の波佐見などで「くらわんか茶碗」という、ねだんの安い磁器がつくられるようになると、伊万里焼(古伊万里)は日本中で使われるようになりました。武士などの一部のお金持ちの人々だけでなく、大部分の人々に、丈夫で清潔感のある磁器が広まり、暮らしにうるおいと豊かさを感じさせました。国内では、江戸時代後期の天保六年(1835年)だけで30万俵以上が伊万里津から積みだされています。

Q7.古伊万里と伊万里焼は、どこがちがうの?

A7.明治30年(1897年)に門司・有田・佐世保間に九州鉄道が開通すると、やきものは船よりも鉄道で運ぶようになりました。やきものは有田焼、伊万里焼、志田焼、波佐見焼、三川内焼など、産地の名前で呼ぶようになりました。江戸時代の伊万里焼を、現代の伊万里焼と区別して「古伊万里」と呼びます。


色絵菊花文壺ランプ仕立

色絵菊花文壺ランプ仕立

  


 





色絵太鼓乗人形

色絵太鼓乗人形

 

「古伊万里」の作品をご紹介します。

ご覧になりたい作品をクリックすると、その作品のページへと移ります。
なお、「古伊万里」に関するお問い合わせは、歴史民俗資料館(TEL0955-22-7107)までお願いします。