本文にジャンプします
メニューにジャンプします

親元就農給付金について

親元就農給付金について
(2017年8月2日更新)
 農業後継者の育成・確保を図るため、農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)の交付対象とならない親元就農者に対し、親元就農給付金を交付します。

農業

 

要件

 認定農業者の2親等内の直系卑属であって、次に掲げる要件を全て満たす人とします。
ア 市内に住所を有すること。
イ 認定農業者の後継者として、市内において農業に従事すること。
ウ 年間農業従事日数が150日以上であること。
ウ 親元への就農日における年齢が18歳以上45歳未満であること。
エ 親元への就農日が最初の交付申請日の属する年度の前3年度の1月1日以降であること。
 ※直系卑属・・・子・孫がそれにあたります。また、養子も含まれます。ただし、兄弟・姉妹、甥・姪、子の配偶者は含まれません。
 

給付金額

30万円/年(3年間)

手続

詳しい手続は、伊万里市役所農業振興課農政企画係までお問い合わせ下さい。