本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里市いじめ防止基本方針について

伊万里市いじめ防止基本方針について
(2016年4月1日更新)
 伊万里市では、いじめ問題の解決は、学校だけで対応するのではなく、子供を取り巻く全ての市民が関わって取り組むべき課題であるとの考えから、平成18年12月に「いじめなし都市宣言」を行いました。この宣言により、学校、家庭及び地域が担うべきそれぞれの役割を明確にし、それらが一体となって、いじめのない都市の実現に向けて取り組んできたところです。
 この伊万里市いじめ防止基本方針は、平成25年6月に成立した「いじめ防止対策推進法」及び平成27年3月に制定した「伊万里市いじめの防止等に関する条例」に基づくとともに、国のいじめ防止基本方針にも沿って策定したものです。また、これまでの「いじめなし都市宣言」の趣旨も踏まえて策定しています。
 今後は、この基本方針に基づき、市や学校の組織体制を整え、家庭や地域と一体となって、いじめ防止等の対策を総合的かつ効果的に推進していきます。

 伊万里市いじめ防止基本方針(平成27年4月策定).pdf(1156KB)

※平成26年度の市内小・中学校におけるいじめ認知件数は全部で17件(小学校8件、中学校9件)でした。平成27年度は、市全体で認知基準の見直しを行ったため、全部で26件(小学校12件、中学校14件)となりました。この認知件数については、各学校においても学校便りやHP等で公表することにしています。